So-net無料ブログ作成

「2011.3.11」 私の場合・・・ [onnta的]

東日本大震災から3週間・・・
やっと落ち着いて、当時のこと、その後のことを振り返って
書き記そうという気になりました。

今回は当日のことを。
地震発生当時、私は都内にある職場のオフィスにいました。

地震発生直後から、家族や親戚、保育園と連絡がつかない状況に陥り、
そうこうしているうちにJRが終日運休との知らせが。

「どうしよう・・・」

完全に思考停止状態です。
自宅方面は停電状態らしく、保育園に預けている娘の状況もわからず、
迎えに行く手段も絶たれ、とりあえず、

  ”会社を出てタクシーが拾えるところまで歩こう”

という結論しか出せませんでした。

”タクシーは拾えないですよ”
”歩くなんて無理・・・”
と同僚に言われたりもしましたが、子供を迎えに行かなくちゃ行けない社員は、
「そんなことわかっていたってじっとしてられるかー」という思いで
皆会社を後にしていました。

私は、横浜方面の同僚2人とともに、会社のある大崎から第一京浜に出ました。
第一京浜は、大勢の人が横浜方面に歩いていて車もびっちり大渋滞。
そんな光景を目の当たりにして、初めて事の重大さを感じました。

 タクシー拾うなんて無理かも・・・
 だとしたら、歩いてどこまで行くの・・・?

という思いがよぎりましたが、そこで立ち止まったり引き返すことはありませんでした。

しばらく第一京浜を南下し、途中、中原街道に出て洗足まで行ったところで
1時間半が経過。
一旦休憩しようと思ったところで、運良く降車中のタクシーを見つけ、
そこからタクシーで帰ることができました。
後で振り返ってみれば、本当にラッキーだったと思います。

そこから、裏道を抜けながら同僚の家を経て鎌倉に着いたのが0時半。幸い、停電は解除されていました。
娘は自宅近くの消防署に保育園の先生とともに避難していて、和室で寝ていました。
他のお友達は誰もいませんでしたが、先生がずっと付き添っていてくださって、
不安に陥ることなく過ごしていたそうです。感謝、感謝、、、。

ちなみに、私よりも少し早く会社を出ていたオンタは、新宿から渋谷まで歩き、そこで東急が動き出したので
田園都市線~大井町線~東横線~市営地下鉄ブルーラインで
1時過ぎに戸塚に到着。戸塚まで車で迎えに行き、やっと家族が揃いました。

振り返ってみれば、電車が止まっただけでこの事態。
これに、建物の倒壊や道路の寸断などがあったら、
本当に帰ってこれないかもしれない。

後で聞いたら、大崎から横浜まで歩いた人で6時間ほど。
横浜から鎌倉まで歩いた人が5時間ほど。およそ12時間ほどかかる計算。

働き方、働く場所を本気で考え直そうと思ってます。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ガンガンガン速

お邪魔いたします。
娘さんが無事で本当によかったですね!
by ガンガンガン速 (2011-04-07 16:22) 

onnta

>ガンガンガン速さん

コメントありがとうございます。
連絡がつかないことがどれだけ不安なことなのか痛感しました。日頃からの連絡手段を決めておくことが大事ですね・・・
by onnta (2011-04-10 14:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。